はりきゅう錬

2020年10月20日

病気や疾患を診るのではなく『人』を診るのが治療

育ってきた環境、気候、性格、遺伝、幼少期から現在までの病気、生活習慣、様々な要因が複雑に絡まって、その人が出来上がっています。そういった要因を考慮した上で、その人に合った治療法を捻出することが当然必要なのです。カラダのヒントを見逃さず、じっくりとお話を伺い、症状や患部だけでなく、「あなた」と向き合います。

WHO(世界保健機関)が定めた鍼灸の適応症

→ 運動器系疾患
関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
→ 神経系疾患
神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
→ 循環器系疾患
心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動機・息切れ
→ 呼吸器系疾患
気管支炎・喘息・風邪および予防
→ 消化器系疾患
胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
→ 代謝内分泌系疾患
バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
→ 生殖、泌尿器系疾患
膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・賢炎・前立腺肥大・陰萎
→ 婦人科系疾患
更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊
→ 耳鼻咽喉科系疾患
中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎
→ 眼科系疾患
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
→ 小児科疾患
小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下線炎・夜尿症・虚弱体質の改善

根本的解決・再発防止

慢性的な痛み・しびれ・コリの根本的な原因である姿勢や動作、ストレス等を改善するために、その人に合った施術に加え、運動や食事、日常生活の提案もしております。

運動療法などの機能訓練

歩行困難・寝たきりの方に対して

歩行困難・寝たきりの方に対する在宅訪問施術を行っております。 主治医の同意があれば、往療料(出張費)も含めて医療保険の取り扱いが可能です。介護相談も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

歩行困難・寝たきりの方に対して

治療中の服装

当院で、ハーフパンツと背中の開く、お着替えをご用意しています。どんな症状であっても先ずはお腹や脈、診断に用いるツボの反応を診ます。痛む箇所だけの処置ではなく、根本から解決をするため、全身を診ていきます。

治療着に着替えて頂きます

オーダーメイド治療の特長

あなたに合った治療法を提案致します。
約60分(初回 約90分)

問診・検査・施術からトレーニング指導に至るまで全て行い、ベットが1台ですので、完全マンツーマンで、他の患者様と並行して施術を行うこともありません。

患者様の痛みや辛さを受け止め「一緒に解決策を見つけていく」という姿勢で日々の施術に取り組んでおります。また、痛みを取り除く事のみに着目せず、運動療法などの機能訓練も交えて行う事で、「身体異常をきたす前の予防」にも力を入れております。

問診(外来)の特長

当院の流れ

ご予約

受付です。

お電話または、お問い合わせ
からご連絡ください。

問診票記入

問診票記入

問診票を記入します。

問診

脉診

症状などをお尋ねし、
原因を探ります。

脉診

腹診、局所診

脉の大きさ強さ状態を診て
原因を探ります。

腹診、局所診

局所診

お腹や各部位を診て
原因を探ります。

施術開始

施術開始

痛みの原因の根本から
治療します。

在宅訪問(保険適用)の流れ

ご相談

ご相談

お電話または、お問い合わせ
からご連絡ください。

ご説明

ご説明

ご自宅へご説明に伺います。
初回のご説明は無料です。

同意書

同意書

医師に同意書を発行
して頂きます。

訪問開始

訪問開始

お伺いの日時をご相談し、
訪問いたします。

Posted by harikyu_ren